大分下郡病院の警備システムについて

バナー

大分下郡病院の警備システムについて

大分下郡病院ではどのような警備システムを導入しているのでしょうか。
最近、医療福祉施設にて重大な事件が多発しており、こうした施設の警備システムは多くの方が気にしていると思います。
しかし、それらの事件が起きた病棟では、それなりの警備システムを採用していました。
警備員を倒すレベルの侵入者を防ぐセキュリティは早々ありません。
警備員の戦闘能力を可視化できれば便利ですが、まだまだ科学はそこまで発展していません。

通常取れる警備システムは、防犯カメラや不正侵入のセンサーでしょうか。
こうした警備情報は防犯上、外部の方が知ることが出来ず、実際に大分下郡病院がどのようなセキュリティを採用しているかは分かりません。
出来れば、窓が割られたら警備会社に通報されるシステムを導入しているとありがたいです。

また、警備員が何分で駆けつけるかも重要です。
これも秘匿情報になるため、知ることが出来ませんが、大分下郡病院の近くに警備所があるととてもありがたいです。
大分下郡病院の周辺の道路は整っているため、それなりに早く駆けつけてくれると思います。

防犯は取りすぎなぐらいがちょうど良いです。
今の世の中、何が起きてもおかしくはありません。
今後も精神病の患者を狙った犯罪が多発するかもしれません。
そして外部犯とは限らず、内部の犯行かもしれません。
色々な対策が必須です。
大分下郡病院への入院を検討している方は、実際にどのような警備システムを採用しているか、問い合わせてみてください。

Copyright (C) 2016 大分下郡病院の警備システムについて All Rights Reserved.